蝶理と東レの株主価値向上に向けて〜株式会社ストラテジックキャピタル
弊社が株主として株主価値向上のために蝶理及び東レに期待すること
1.蝶理の株主価値向上を通じた東レグループ全体の価値向上
2.蝶理のコーポレートガバナンス改善

蝶理と東レの株主価値向上に向けて

 弊社及び弊社の運営するファンドは蝶理株式会社(以下「蝶理」といいます。)及び蝶理の親会社である東レ株式会社(以下「東レ」といいます。)の株主です。

 弊社は、2019年11月に蝶理の代表取締役社長と、さらに、2020年1月に東レの代表取締役副社長と面談を行い、以下に掲げる事項の実現を通じた蝶理及び東レの株主価値向上を求めました。

 このウェブサイトが蝶理及び東レの株主価値向上(親子上場の問題の解消)に資することに期待します。

 蝶理が実施しなければならないこととして、弊社が考える東レが指導監督すべき事項は以下の通りです。

蝶理に求めること

 

(1). 蝶理の株主価値向上を通じた
  東レグループ全体の価値向上

 

(1)-1.積み上がった自己資本の適正化

(1)-2.資本政策の変更(配当性向100%、政策保有株式売却)

(1)-3.資本効率性改善のための自社株買い

(2). 蝶理のコーポレートガバナンス改善

(2)-1.蝶理の独立性確保のための独立社外取締役の増員

(2)-2.株主価値向上という取締役が果たすべき責務の理解

  • 12+
  • 株式会社ストラテジックキャピタル

PAGE TOP